3種類の料理酒とはたらきを知って料理上手に!

料理酒とは

今回は「料理酒」についてです。料理酒も普段のお料理のうま味を引き出してくれます!

料理酒には3種類あり、

  • 清酒タイプ (製品によりうま味成分などが強化)
  • 加塩料理酒タイプ
  • 合成清酒タイプ(清酒と焼酎の混合)

があります。加塩料理酒タイプは加塩処理といって塩を入れて辛くて飲めなくなっているので、酒税はかかっておりません。(みりんは酒税の対象です。)

 料理酒の効果

  • 肉や魚の臭みを消す
  • やわらかくする
  • コクとうま味を与える
  • 味をしみこみやすくする


などがあります。

私は料理酒に塩が入っているものもあると全く知りませんでした。何気なく使うのではなく、どのような味になるのかわかった上で使わなくてはなりませんね。これから料理酒を入れたら塩は控えめにします。

みりんは肉や魚の身を引き締める効果がありますので、煮崩れを防ぎたい場合はみりんを使用し、すきやきなど肉をやわらかく仕上げたい場合は料理酒と、それぞれの特徴を知りお料理によって使い分けるとよりいっそう美味しく仕上がります。

料理酒はこちらのタンクでプロペラで混ぜながら作っています。

IMG_0083

1度に酵母を入れずに何回かに分けて入れます。1度に入れてしまうと酵母がデンプンを食べなくなってしまうからだそうです。

相生ユニビオの料理酒はこちら http://www.unibio.jp/shouhin/shouhin_s.html

 

カテゴリー: 未分類, 見学 パーマリンク